遺産相続 登記

Sponsord Link


遺産相続で引き継がれる財産の中に不動産がある場合

遺産相続の財産には、現金の他に不動産の権利なども含まれています。

 

所有していた不動産のオーナーが亡くなった場合、その権利は当然相続人へと移行する事になりますが、不動産を引き継ぐ場合は名義を相続人へと変更する必要性が出てきます。
この手続きの事を相続登記と言います。

 

この相続登記は、いつまでに必ず行わなければいけない、という決まりは設けられてはいませんが、相続が決まったらなるべく早く手続きを行う事が必要となります。

 

なぜ相続登記を行う必要があるのか?

土地などの不動産を相続した場合、不動産の名義を相続人に変更する必要があります。
名義変更をしないまま、その土地を売却する事は出来ない決まりになっています。
相続登記を行い、不動産の所有者となる事で初めて土地を売却する事が出来るのです。

 

土地を売る予定が無くても、名義を変更しないまま放っておいてしまうと、相続人が増えたり変わったりして、更なる相続人が発生してしまう事にも繋がり、名義変更が難しくなってしまうのです。

 

例えば、子供AとBの2人が父の遺産を相続する場合に、Aには土地を、Bには現金が相続されたとします。

 

土地を相続したAが相続登記を行っていないと、その相続権はBや、Bの子供にも移ってしまう結果となり、話し合いで全員の承諾が得られないと名義変更をする事が出来なくなってしまうのです。

 

こうした事態を避ける為にも、相続登記の手続きは速やかに行う事が大切です。

 

相続登記の申請書と必要書類について

土地の名義を変更する場合、まず登記申請書を用意しましょう。この登記申請書はコピーでも構いません。

 

添付する必要書類としては、相続人の住民票、戸籍謄本、固定資産評価証明書、登記簿謄本、遺産分割協議書、相続関係図、被相続人の戸籍(除籍)謄本、住民票の除票が必要となってきます。

Sponsord Link