遺産相続 生前贈与

Sponsord Link


遺産相続の金額によっては、税金が加算されます

亡くなった人の財産を相続人が引き継ぐ時に、相続額が大きいと税金がかかってくる恐れがあります。
この税金の事を相続税と呼んでいます。

 

相続税の申告が必要となる金額は、5000万円+(1000万円×相続人の人数)以上の金額となっています。
よって、相続人が3人の場合、相続する額が8000万円以下の場合は非課税となるのです。

 

しかし相続する金額が相続税の控除額を超えてしまう事が分かっている場合などには、将来負担すべき相続税を節税する為に「生前贈与」という方法で財産を配偶者や子へと贈与する方法もあります。

 

生前贈与とは一体どんな制度なのか?

遺産相続による相続税を抑える為に、被相続人が生きている内に配偶者や子へと財産を分与していく事を「生前贈与」と呼んでいます。

 

生前贈与にももちろん贈与税が存在しますが、1年のうち110万円以下の贈与については非課税となっています。

 

他にも贈与の種類としては配偶者控除があり、婚姻関係が20年以上続いている夫婦どちらからかの贈与や、住宅を購入する際の贈与について、課税価格から2000万円までの控除が可能となります。

 

しかし、110万までの贈与を毎年繰り返していると、連年贈与とみなされてしまう事があり、その場合は贈与された合計額全てに税金がかけられてしまいます。

 

毎年少しづつ、連年贈与とみなされない様に贈与をする分には節税出来ますが、相続税と贈与税では、かけられる税率は同じでも贈与税の方が控除額が低い為、結果的に負担が重くなる結果となってしまうのです。

 

よって、相続する遺産が控除額以内である場合、無理に生前贈与を利用しなくても良いという事になります。

Sponsord Link