遺産相続 分配

Sponsord Link


遺産相続の財産分配法は相続人同士での話し合いが決められています

遺言書がない場合や、遺産の分配方法についての指定がない場合、相続人同士の話し合いで遺産の分配が決定されるのですが、その際に法定相続分を目安として遺産の分配方を決定します。
個人で勝手に相続の割合を決める事は出来ません。

 

相続の方法や相続される割合について、一人でも相続人の合意が得られない場合は、その相続方法は無効となってしまいます。

 

なので、この話し合いをスムーズに行う為、財産を相続人同士で分配する場合には、それぞれの相続人がどの程度財産を相続出来るのか、その相続分が法律で決められています。
この決められている相続分の事を法定相続分といいます。

 

ただし、相続人全員の承諾があるのであれば、この法定相続分と異なる割合での遺産の分配も可能となります。

 

遺産を分配する際、それぞれの相続人が得る事の出来る相続分について

遺産を相続する際に、相続人の順位や状況により、相続分が異なってきます。

 

遺産の相続人が配偶者のみの場合は、配偶者が全て受け取る事が出来ます。
また、相続人に子供が含まれる場合は、配偶者と子供にそれぞれ半分ずつ相続される事となります。

 

被相続人に子供や兄弟姉妹が居ない場合、相続人が配偶者と父母や祖父母となります。
その分配率は、配偶者が3分の2で父母や祖父母が3分の1を受け取る事が出来ます。

 

被相続人に子供が居なく、父母や祖父母も他界してしまっている場合、配偶者とその兄弟姉妹に相続権が与えられます。

 

その場合は配偶者が3分の4、兄弟姉妹が4分の1を相続分として遺産を相続する事が出来ます。

Sponsord Link