遺産相続 協議書

Sponsord Link


遺産相続の話し合いをする場合は、協議書の作成をお勧めします

遺産相続にあたり、遺言書などが無く遺産の分配が決められていない場合、遺産の相続の権利を持つ相続人が全員集まり、遺産の分割について話し合わなければなりません。

 

話し合いで遺産の分配方法が決まると、その分配方法を協議書として書面に残しておく事が一般的ですが、絶対に協議書を作らなければいけないという事は無く、作成に関しては自由となっています。

 

ただし、遺産に不動産など、所有権の移転登記が必要となる場合や、名義変更が必要となる財産の手続きには、この協議書が必要となってくるのです。

 

他にも財産分割について、後々トラブルを起こさない為にも、協議書は作成しておいた方が良いのです。

 

協議書を作成するにあたり、規則などは特にありませんが、相続人の人数分作成し、全員の署名と捺印の上、一人づつ保管しておく事が一般的となっています。

 

協議書の作成手順について

さて、後々無駄な争いになる事を避ける為にも、遺産の分割方法が決まったら、協議書として残しておく事をお勧めしましたが、肝心の作成手順についてご説明します。

 

定められている書式などは基本的にありませんが、「誰が・どの財産を・どの様に取得したか」を詳しく記入する必要があります。

 

財産に土地や預貯金などの名義変更を必要としたものがある場合、印鑑証明や戸籍謄本、そして相続人の署名と捺印がされた協議書が必要になってきます。

 

ですので、名義書換機関にも「誰が何を分配したのか」が分かるように書類を作成しなければならないのです。

Sponsord Link