遺産相続 生命保険

Sponsord Link


生命保険は、遺産相続には含まれません

被相続人が亡くなった際の死亡保険金なども、遺産相続の一部に含まれているように思われますが、実際は生命保険金請求権を持っている相続人の固有財産とされています。

 

例えば、受取人の名義が相続人である妻であった場合、その保険金は妻が保有している財産となります。

 

その為、保険金を受け取っても、遺産分割の必要はありませんので、自分の財産として全額保有しても、何の問題も無いのです。

 

そして、保険金を受け取ったからといって、法定相続分が減らされる、という事もありません。
保険金の他に、きちんと法定相続分を受け取る事も出来ます。

 

ただし、相続遺産として認められていない保険金ですが、被相続人の死亡がきっかけとして得た財産ですので、みなし相続財産として扱われます。

 

契約者や受取人によって異なりますが、死亡者が夫の場合、契約者が夫、受取人が妻またはその子の場合は、相続税として申請します。

 

生命保険金を、兄弟で分割する場合は?

生命保険金は、被相続人の財産としてみなされない為、受取人は分割される遺産とは別に、保険金を受け取る事が出来ます。

 

ただし、保険金請求権がある相続人が、兄弟同士などでこの保険金を分け合う場合などは、注意が必要です。

 

ちなみに、受け取った保険金を兄弟など相続人同士で分け合う場合、贈与税の対象となってしまう場合もあります。

 

例えば、兄Aが保険金の受取人で、その保険金が3000万円で、弟Bと折半する場合、兄Aから弟Bへの贈与となってしまうので、注意が必要です。

Sponsord Link