遺産相続 放棄 手続き

Sponsord Link


遺産相続にマイナスの財産が含まれていた場合

被相続人が亡くなると、それまで保有していた財産は、相続人へと引き継がれる決まりとなっていますが、その財産の中には生前の借金などの、マイナスの財産も含まれています。

 

残される預貯金などの財産が少なく、借金などのマイナスの財産が大きく上回ってしまう場合などは、その相続権を放棄する事が出来ます。
これを、「相続放棄」と呼んでいます。

 

相続放棄をしてしまうと、その相続に関する一切の権利を失う事となり、法定相続人から外されてしまいます。

 

結果、プラスの財産があっても相続出来なくなりますが、マイナスの財産があった時にも、自分に責任がのしかかってくる事はありません。

 

ただし、きちんと手続きを行わないと、相続を放棄する事が出来ません。
相続人同士のみでの意思表示だけでは、相続放棄として認められないのです。

 

相続放棄の手続きと必要な費用や書類について

遺産に借金などのマイナスとなる財産が含まれていた場合、その相続の権利を放棄する事が出来ます。

 

相続放棄は、被相続人が亡くなった次の日から3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。

 

必要な書類は、相続放棄申述書、相続人の戸籍謄本、被相続人の戸籍謄本等、被相続人の住民票の除票となっています。

 

また、申請に必要な費用として、収入印紙(1人800円)、郵送での申請の場合、返信用の郵便切手(1人400円分)が必要となってきます。

 

これらの書類の提出先は、被相続人が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所へと提出します。

Sponsord Link