遺産相続 手続き 必要書類

Sponsord Link


遺産相続が始まったら

被相続人が亡くなりと、保持していた遺産が相続人へと自動的に引き継がれる事となっています。

 

まずは相続手続きの方法について、知っておきましょう。

 

被相続人が死亡したら、7日以内に死亡届を提出し、葬儀の準備も始めます。

 

その後、遺言書の有無を調べ、相続人の決定の為の調査を行います。
ここで相続する財産がどの程度あるのかを調べますが、この時に借金などのマイナスの財産もある場合、相続放棄又は限定承認の手続きへと移行します。

 

相続放棄・限定承認は脂肪から3ヶ月以内に手続きを行って下さい。

 

被相続人の脂肪から4ヶ月以内に、所得税の順確定申告を済ませておきましょう。
これは、正しい財産を算出する為に必要な手続きとなります。

 

相続される財産が算出されたら、相続人どうしで遺産分割について話し合いをします。
相続する財産の中に不動産や預貯金通帳がある場合などは、速やかに名義変更の手続きを行いましょう。

 

ここで相続額が法定控除額を超えた場合は、脂肪から10ヶ月以内に相続税の申告をして下さい。

 

これが、遺産相続の基本的な方法となります。

 

遺産相続の手続きに必要な費用や書類ってあるの?

遺産相続の手続きに応じて、必要書類も変わってきます。

 

故人の所得税の申告を行う際は、源泉徴収票など確定申告に必要な書類を揃える必要があります。

 

また、相続した財産の名義変更を行う場合は、被相続人の戸籍謄本や住民除籍票などの他に、相続人の実印や印鑑証明、住民票が必要になってきます。

 

特に、遺産分割協議で作成した遺産分割協議書は、遺言書などが無い場合、どの手続きにも必要となってくる大切な書類ですので、必ず用意しておきましょう。

 

相続の各手続きにかかる費用も、自分で行う分には、住民票や戸籍謄本を取り寄せる位で済みます。

 

相続人同士の話し合いで解決しない場合に裁判所に告訴した場合や、弁護士や司法書士を雇った場合などは別途費用がかかってしまいます。

Sponsord Link