遺産相続 手続き 期限

Sponsord Link


期限が設けられている遺産相続の手続きとは?

遺産相続には、期限が定められている手続きも存在します。

 

まず、故人の所得税の申告について。

 

こちらは意外に知らない方も多いのですが、亡くなった年の1月1日から亡くなる直前までの収入を、相続が始まった翌日から4ヶ月以内に、所得税として確定申告しなければいけません。

 

これは、生前の収入も相続財産として含まれる為、所得税を確定させなければ財産の算出が出来ない為です。

 

また、相続額によっては、相続税の申告も必要となります。
この手続きは、相続が始まった翌日から10ヶ月以内と決められています。

 

他には、借金などのマイナスの財産も残された場合、相続放棄という手段も取れますが、その場合は3ヶ月以内に手続きをしなければ、相続を放棄する事が出来なくなります。

 

不動産を相続する場合の手続きについて

相続する財産に不動産が含まれている場合の手続きについてをご説明します。

 

不動産を相続する事が決まったら、早いうちに相続登記の手続きを取りましょう。
相続登記には特に期限はありませんが、放っておくと相続人が増えてしまい、勝手に名義変更や売却が出来なくなります。

 

不必要なトラブルを避ける為にも、まずは早めの名義変更をお勧めします。

 

不動産を相続するにあたり、必要な書類については以下を参考にして下さい。

  • 相続人全員の住民票・戸籍謄本
  • 相続人全員の身分証明書
  • 相続する不動産の権利書
  • 相続する不動産に関する固定資産税の課税明細書
  • 亡くなった方の住民除籍票、戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本一式
  • 遺産分割協議書または遺言書

 

これらの書類が必要となってきます。
また、費用については自分で手続きをされる場合は、特に必要ありません。

Sponsord Link