遺産相続 期限

Sponsord Link


遺産相続の放棄の手続きには期限があります

遺産相続に借金などのマイナスな財産が含まれている場合に、相続を放棄する事が出来ます。

 

相続の放棄の手続きについては、幾つか種類があり、期限が設けられています。
遺産が相続されると知った日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きを取らなければ、遺産を放棄する事は出来なくなってしまいます。

 

相続の放棄の種類について

遺産を放棄する為の手続きには、プラスの財産もマイナスの財産も一切相続しないという旨の「相続の放棄」、相続されるプラスの財産の範囲内において借金を返済する事を前提として遺産を相続する「限定承認」という2つの方法が挙げられます。

 

ただし、相続の放棄をしてしまうと、次に相続の権利がある相続人に全て相続されてしまう事になるので、放棄の手続きをする場合は他の相続人にきちんと説明する必要があります。

 

ちなみに、相続の放棄は個人で申し立てが出来ますが、限定承認は相続の権利がある人全員で申し立てをしなければなりません。

 

相続の放棄の手続き方法とは?

遺産放棄の手続きは、家庭裁判所で行います。

 

放棄に必要となる書類を揃えて裁判所に提出すると、相続放棄についての照会書が送られてくるので、書類に記入し裁判所に再度提出します。

 

裁判所が遺産放棄について問題無いと判断すれば、相続放棄心術受理通知表が発行され、晴れて遺産を放棄する事が出来るのです。

 

相続放棄をしても、保険金などで相続税がかかる場合もあります

相続される財産の額が大きいと相続税がかかる為、申告して税金を収める必要があります。
相続の放棄をしていても、生命保険がかけられてる場合、受取人が相続人でも支払いが被相続人本人ですと、みなし相続財産として、相続税の課税対象となってしまうのです。
ちなみに、生命保険の受取人が被相続人本人の場合は、財産としてみなされてしまう為、相続放棄をしてしまうと受け取れなくなってしまいます。

Sponsord Link