遺産相続 範囲

Sponsord Link


遺産相続は誰が引き継ぐ事が出来るの?

亡くなった人の保有する財産を引き継ぐ事を遺産相続と呼んでいますが、誰でも遺産を相続出来る訳ではありません。

 

相続人は民法で定められており、その範囲は、ある一定の関係にある親族となっている為、相続できる人は自然と限られてくるのです。

 

その中でも、配偶者である妻や夫は、いかなる場合でも相続人として定められていますが、婚姻関係にある場合のみです。

 

例え事実婚で内縁の妻と呼ばれている状況であっても、被相続人と婚姻関係が認められなければ他人とみなされ、遺産は相続する事は出来ません。
ただし、遺言状などで内縁の妻にも相続の指示があった場合などは別です。

 

第1順位で相続されるのが、その子供です。複数人存在する場合でも、それぞれ同じ順位で平等に相続されます。

 

こちらは養子縁組を結んだ子も相続人として含まれており、内縁の妻との間に出来た子も実子として、遺産を相続する権利が発生してきます。

 

第2順位で相続されるのが、被相続人の親や祖父母にあたる、直系尊属です。この場合、被相続人に子供が存在しない事が条件とされています。

 

第3順位は、被相続人の兄弟や姉妹です。兄弟姉妹が相続人となる場合は、第1順位と第2順位の親族が存在しない場合や、遺産放棄をした場合のみと定められています。

 

配偶者の扶養に入っている場合の遺産相続について

被相続人の子供である娘や息子が結婚して家を出ていったとしても、親が亡くなれば相続権は当然子供にも発生します。

 

その場合、相続人である子供が、結婚相手である配偶者の扶養に入っていた場合、所得税となり、扶養から外れなければいけない事ってあるのでしょうか?

 

財産相続は所得ではなく、相続税でありますが、会社によっては相続金も収入の一部として考えている所もあり、扶養から外れなければいけない状況もある様です。

 

その場合、一度会社に問い合わせてみた方が良いでしょう。

Sponsord Link