遺産相続 弁護士

Sponsord Link


遺産相続でのトラブル〜弁護士を雇うには?〜

遺産相続でのトラブルは、やはり後を断ちません。

 

その為、相続人同士で相続の分割についてのの決定が難しくなって来た時は、弁護士を雇う方も多いそうです。

 

弁護士を雇うには、まずは無料相談の予約を取る事が一般的でしょう。

 

各弁護士事務所によっても違いますが、初回相談なら30分まで無料、という所が多い様ですね。

 

インターネットでも、メールでの無料相談を行なっている所もあるので、何件かピックアップして相談してみると良いでしょう。

 

弁護士にも、得意な分野と不得意な分野があります。

 

不得意な分野での相談では、弁護士でも消極的になってしまうそうなので、直接相談に行く事が、良い弁護士を見分けるポイントとなるでしょう。

 

弁護士を雇う際にかかる費用について

相続問題で弁護士を立てる際、決して安くはない金額のお金がかかってしまいます。

 

どの位の費用がかかるのか、おおまかな金額は頭に入れておきたいものです。ここでは、弁護士を雇った際にかかる費用の種類などをお話していきます。

 

弁護士報酬については、決まった額などが無い為、各弁護士によって差もありますが、まずは着手金が必要となってきます。

 

仕事をお願いする際に、前払いで払います。
大体30万円前後の所が多いでしょう。

 

調停や協議などで弁護士を1日拘束する場合も、日当が加算されます。相場では5〜10万円の様です。

 

裁判が終わり、勝利が決まれば成功報酬として更に費用が加算されます。成功報酬は、相続する遺産の額に比例して、多いほど高くなります。

 

一つの相続問題の案件に対して、全ての費用を合わせると、大体の相場は2〜400万円、といった所でしょうか。

Sponsord Link