遺産相続 所得税

Sponsord Link


亡くなった人の所得税の申告について

遺産相続をする前に、亡くなった方の所得税の申告をする必要があります。
これは、被相続人が亡くなる以前の所得も相続財産に含まれる為です。

 

その為、詳しい相続財産の総額を計算する為に、亡くなった年の1月1日から、亡くなる直前までの所得税の確定申告が必要となるのです。

 

故人の所得税の申告には期限が設けられており、亡くなった次の日から4ヶ月以内と定められています。

 

もし、4ヶ月を過ぎてしまっても、慌てずに一度税務署へ相談してみましょう。期限が過ぎてしまっても、期限後申告として受け付けてくれる場合もあります。

 

また、サラリーマンなどの会社勤めの場合は、会社側で確定申告をしてくれるので、申告の必要はありません。
自営業などで、個人で確定申告が必要な方が対象となっています。

 

年金受給者であっても、年金収入金額や各種所得控除等で納税額が出される場合には確定申告が必要となる場合もあります。
支払い元から源泉徴収を発行して貰い、申告する様にしましょう。

 

ちなみに、1月1日から死亡した日までにかかった医療費が10万円を超えていた場合も、控除の対象となるので確定申告が必要となります。

 

確定申告に必要な書類とは?

故人の確定申告に必要な書類は、以下の通りとなっております。

 

  • 生命保険・損害保険の領収書
  • 源泉徴収書
  • 医療費の領収書
  • 申告者の身分証明書
  • 印鑑

 

その他、準確定申告は、申告する人の住所地の管轄税務署ではなく、故人の住所地にある税務署での申告となっていますので、覚えておいて下さいね。

Sponsord Link