遺産相続

Sponsord Link


遺産相続でかかる税金の申告時期

遺産相続には、ある一定の金額を超えると税金が課せられる決まりとなっています。
ある一定の金額を超える額を相続する際は、相続税の確定申告をしなければなりません。

 

確定申告は、収入があった翌年の2月に行いますが、それは所得の収入があった場合のみです。

 

遺産の相続は所得ではなく、相続として税金が課せられるので、申告する時期としては、相続が確定した瞬間から10ヶ月以内に、税務署での確定申告が必要となるのです。

 

相続税の確定申告の方法について

遺産を相続する際、その額が大きければ確定申告の必要がありますが、相続税は控除額が大きいため、申告の必要がある方は全体の1割程だそうです。

 

その為、相続税がかかる人には税務署から事前に、申告する様に通達が届きます。

 

相続税を確定申告する場所は、亡くなった方が住んでいた住所地を管轄する税務署へと届け出ます。

 

相続税を申告するにあたり、相続税の計算をして申告書を作成し、税務署へと提出します。

 

相続税は相続人全てに課せられるので、相続人全員で申告を行い、それぞれに納税するのが決まりとなっています。

 

故人の確定申告について

その他必要なのが、故人の所得の確定申告です。

 

これは準確定申告と呼ばれ、被相続人が亡くなってから4ヶ月以内に、亡くなった年の1月1日から死亡直前までの所得を申告する必要があります。

 

これは、故人の生前の所得も遺産分割の対象となり、所得税を確定させないと正しい遺産の計算が出来ない為なのです。

 

その為、故人の所得の確定申告は死亡直後から4ヶ月以内、相続税の申告は10ヶ月以内と決められているのです。

 

確定申告の相談窓口とは?

相続した財産が税金の対象になるか分からない時や、故人の確定申告についての疑問・相談など、分からない事がある時は、税務署の相談窓口にて相談する事をお勧めします。

 

相談する際は、自分の住所地にある国税局へと電話をかけましょう。聴覚障害や視覚障害の方の為の、ファクシミリによる相談窓口も開設されています。

Sponsord Link