遺産相続 トラブル

Sponsord Link


土地や家屋の遺産相続はトラブルの原因だった?

遺産の相続に、土地や家屋の不動産が含まれている場合は、要注意です。
不動産の分配が一番ややこしく、トラブルの原因にもなると言われている為です。

 

その理由が、不動産は資産価値が高いにも関わらず、最も分割しにくい財産だからです。

 

更にきちんとした分割表明が無く、名義変更もそのままに放っておいてしまうと、時間が経つにつれて相続権を持っている人が増えてしまい、勝手な売却や名義変更が出来なくなってしまうのです。

 

遺産相続に家屋や土地が含まれている場合は、速やかに評価額を算出し、相続人でどう分割するかをじっくり話し合う事が必要とも言えます。

 

兄弟同士で多い遺産相続のトラブルとは?

兄弟同士で多い遺産相続のトラブルは、土地や家屋の相続についてが一番多いそうです。

 

例えば、どちらかの兄弟が親と同居し、晩年の面倒や生活費を工面していた場合、もう片方の兄弟が平然と権利を主張して来た場合など、協議ではなく調停で相続分割について争うパターンが増えています。

 

また、不動産は相続の中で一番ややこしい財産でもあります。

 

残された親族に住む宛がなく、その家にそのまま住み続ける場合などは、土地を分割して現金に換算した分を、その土地を引き継いだ相続人が他の相続人に支払わなければいけないのです。

 

不動産の相続に関しては、きちんと評価額を算出し、売却するなどで現金化した上でその分を平等に分ける事が、余計なトラブルを防ぐ事になります。

 

土地の相続を放棄する

相続された遺産が土地などの不動産のみの場合や、そのままその土地に住み続ける場合などの分割は、とても難しいのです。

 

住み続ける者が現金を持ち合わせていない場合、土地の相続分を請求しても支払われない事も多いのです。

 

土地や家屋などに兄弟が住み続ける場合は、土地の相続を放棄する代わりに、親の介護を全てその兄弟に任せるという旨を一筆書いて貰う事も可能です。

Sponsord Link