遺産相続 争い

Sponsord Link


遺産相続に関してよくある親戚間の争いとは?

遺産相続では、相続人である兄弟や親族間で思いがけない争いが起こる場合も多いです。

 

例えば、兄弟同士で自分が一番多く遺産を相続出来る様に、遺産の一部を隠してしまう場合や、遺言書など、自分に不利になる様な内容が書かれていると知った場合、隠蔽してしまう場合などもあるそうです。

 

また、被相続人と同居していた兄弟や親族などは、離れて暮らす兄弟に対して「自分は最後まで面倒を見たのに」という気持ちを持ってしまう事もあります。

 

入院や通院など、金銭面的にもどちらかの兄弟や親戚が負担している場合にも、協力しなかった者が同等の相続の権利を主張して来ても、受け入れられない場合もあります。

 

その場合は遺産分割協議では無く、家庭裁判所での審判でその訴えを主張する事も出来ますが、その場合は後々親戚や兄弟間の関係に大きな亀裂を及ぼす事にも繋がりかねません。

 

相続の問題は、残された親族にとって、とても大きな問題となるのです。

 

遺産分割協議では、あくまでも相続人同士の話し合いなので、話し合いで円満に解決する為には、ある程度の妥協も必要と言えるでしょう。

 

土地などの不動産の相続について

相続争いで一番多い問題が、財産に不動産が含まれていた場合です。

 

不動産や家屋が財産として残る場合、その家に住み続ける親族が居れば、容易に売却してお金に替える事は出来ません。

 

住み続けるにしても、土地を相続人の数分に等分して、お金に換算した金額を、家屋や土地を相続した者が他の相続人に支払う義務も生じてしまいます。

 

話し合いで不動産の分割方法が決まらない場合は審判まで持ち越される事になり、裁判費用や土地鑑定費用など、様々な負担を強いられる形となります。

 

また、その際にかかった費用の支払いでも揉めてしまう可能性も出てくるのです。

 

不動産の相続を円滑に行うには、相続人全員が不動産の評価額に納得出来る様に、第3者から見ても客観的な資料を容易する必要があるでしょう。

Sponsord Link