遺産相続 問題

Sponsord Link


遺産相続でよくある親族間での問題とは?

亡くなった方の遺産は、まず始めに配偶者へと相続されます。
その次に第1順位である子供へと相続され、次の第2順位は親や祖父母、第3順位は自分の兄弟・姉妹となっています。

 

亡くなった瞬間の環境により、相続人が決定され、遺言書など遺産分割の指示が無い場合は、相続人同士での話し合いで遺産の分割方法を決定します。

 

その相続人同士の話し合いで、度々問題が起こってしまうのです。

 

兄弟や親戚の間でよくある問題が、遺産をより多く自分の懐へ入る為に、遺産の一部を隠したり、話し合いの分割に応じなかったり…という相続人についての相談が多い様です。

 

遺言状がある場合は別ですが、この場合は、相続人の全員の同意が無ければ、提示されている遺産分割方法は認定されません。

 

よって、相続人が話し合いに応じなければ、調停や審判など、第3者を挟めた話し合いが一番有効となって来ます。

 

財産の一部を隠していたり、預貯金を引き出していた場合などは、相続権の侵害とあたります。

 

被相続人が死亡した瞬間から、その保持していた財産は分割が行われるまでは、相続人全員の財産でもあります。

 

その財産に勝手に手を付ける事は許されておらず、遺言書などを勝手に開封し隠蔽した場合も、罰を受ける事となります。

 

遺産相続の際、親戚間で気をつければいけない事とは

遺産を相続する際に、親戚や兄弟同士でも気をつけなければいけない事があります。

 

よく、相続の手続きに必要だから印鑑証明と実印を送ってくれ、という話しを聞きますが、印鑑証明や実印などが揃えば、本人が不在でも様々な契約をする事が出来るのです。

 

例えば、借金なども本人不在でも出来てしまいます。

 

また、相続の分割について、勝手に不利な条件での分割方法に変えられたりなどのトラブルにも発展する場合もあります。

Sponsord Link