遺産相続 放棄

Sponsord Link


遺産相続を放棄する為の手続きと必要な書類や費用について

遺産相続の放棄の為の手続きをする為には、家庭裁判所に申し立てを行います。

 

申請に必要な書類は、相続人の種類によっても多少違いますが、配偶者が相続を放棄する場合、相続放棄申述書・被相続人の死亡記載のある戸籍謄本・被相続人の戸籍の附票または住民票の除票が必要です。

 

相続放棄をご自分で申し立てる場合には、必要な費用は特にありませんが、司法書士などに頼む場合は、手数料として2、3万円程費用がかかる場合もあります。

 

相続される遺産の種類について

故人が生前に保有していた財産を引き継ぐ事を遺産相続と呼びますが、相続される遺産は現金や土地など、プラスになる財産だけではありません。

 

故人が生前に背負った借金や会社の負債などマイナスになる財産も、遺産の一部として相続人へと相続されてしまうのです。

 

もちろん、生前故人が連帯保証人になっている場合も、その責任が相続人へと移ってしまうという訳なのです。

 

故人に借金があった場合、その遺産の相続を放棄する事は出来るのか?

遺産にはプラスの財産とマイナスの財産があり、亡くなった人の借金などの負債も財産の一部として、相続されてしまう仕組みになっています。

 

その為、残された現金などの財産が少なく、借金などの負債額が大きい場合には、法的に手続きを取れば、その相続を放棄する事が出来るのです。

 

遺産を少しでも使ってしまうと、相続放棄の手続きは出来なくなります

相続の権利が発生してから3ヶ月以内に放棄の手続きを取れば、相続人から外れる事が出来ます。

 

ですが、故人の財産を使用してしまった場合は、放棄の申し立てを行う事が出来なくなります。
ただし葬式費用など、遺族として当然行わなければいけない行為に対しては相続放棄が認められる場合もあります。

Sponsord Link