遺産相続 税率

Sponsord Link


遺産相続の税金の種類とその税率について

遺産相続は、金額がある一定を超えると税金が課せられる仕組みになっており、その事を相続税と呼んでいます。

 

相続税は所得税とは異なり、相続が決まった瞬間から10ヶ月以内に確定申告を行う決まりとなっています。

 

相続税は他の税金よりも税率が高めに設定されていますが、その控除額も相続額が高くなる程高額に設定されています。

 

相続額 税率 控除額
1000万円以内 10% 0円
〜3000万円以内 15% 50万円
〜5000万円以内 20% 200万円
〜1億円以内 30% 700万円
〜3億円以内 40% 1700万円
3億円を超える相続 50% 4700万円

 

以上が、現在国で定められている相続税の税率となっています。

 

相続税の軽減措置はあるのか?

遺産を配偶者が相続した場合、法定相続分又は1億6千万円までの相続額であれば、税金は課せられません。

 

また、相続人に未成年者が居た場合や障害者などが居た場合も、それぞれに応じて税金が控除されます。

 

10年以内に2度相続が発生した時も、軽減措置を取る事が出来るのです。

 

贈与税について

相続税の節税として、生前分与という方法があります。

 

生前に財産を相続人へ渡す事を指しますが、渡す金額により贈与税が課せられる決まりとなっています。

 

まず、毎年110万円以下の贈与であれば、贈与税の対象とはなりませんが、毎年110万円以下の贈与を行った場合、合計分の贈与を初めから行うつもりとみなされてしまい、贈与税が課せられてしまいます。

 

また、相続権利が発生する3年以内の贈与は、相続税として加算されてしまうので気を付けて下さい。

 

相続税よりも贈与税の方が税率としては重くのしかかって来ますので、財産が法定控除額を超えない場合は、あまり考えなくてもよい制度だと言えるでしょう。

Sponsord Link