遺産相続 税金

Sponsord Link


遺産相続で発生する税金とは?

亡くなった人の遺産を相続する場合、金額が法律で定められた一定額より多くなってしまうと、課税対象となってしまいます。
相続でかかる税金の事を相続税と呼んでおり、相続税の上限は計算で算出する事が出来ます。

 

その計算方法は以下の通りとなっております。

 

5000万円+(1000万円×相続人の人数)

 

相続額が、この計算方法で算出される額を上回ってしまった場合、課税対象となり税金が課せられる、という仕組みになっているのです。

 

ちなみに、相続税は現金などの財産だけでは無く、土地や家などの不動産も課税対象として含まれています。

 

相続税の確定申告について

遺産を相続するにあたり、金額がある一定より大きいと税金が課せられる為、申告しなければなりません。

 

相続の申告は「相続税」となるので、相続税の確定申告が必要となるのです。所得の確定申告と相続の確定申告の違いは、申告する時期にあります。

 

相続に関する確定申告は、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内に申告する必要があります。

 

土地や家に関する相続税について

基本的に、遺産相続で課せられる相続税は、全ての財産を現金に換算し、合計された金額により決まります。土地や家だけの値段で相続税は決まりません。

 

しかし相続税がかかる場合に、土地や家などに高額な相続税がかかってしまうと、もしかしたらその不動産を維持出来るか分からない状況になるかもしれません。

 

その様な場合の措置として、240平方m以内の自宅用敷地や400平方メートル以内の事業用の敷地において、特別に減税措置が設けられています。

 

その額とは、対象となる額の20%が相続税の対象額となるのです。もちろん相続税の確定申告なので、10ヶ月以内に申告しなければ、この措置は無効となってしまうのです。

Sponsord Link