遺産相続 預貯金

Sponsord Link


預貯金も遺産として相続する場合

亡くなった人の財産を相続するにあたり、預貯金なども財産の一部に含まれます。
ただし、銀行口座などは名義人が死亡しすると、その財産を悪用されない為に凍結させてしまいます。
もちろん、配偶者や第1順位の相続人でも、引き出しをする事は出来ないのです。

 

預貯金の引き出しはもちろん、公共料金などの引き落としも出来なくなってしまいます。

 

その為、お金を引き出す為には遺産の分割方法を決めるか、または名義変更を行うか、金融機関にて各種手続きを行う必要があるのです。

 

相続が確定するまで、相続人全員の合意が無ければ、被相続人の預貯金に関わる事は許されず、勝手に引き出してしまうと、遺産分割協議や相続税の申告時に、トラブルとなってしまいますので、慎重に扱わなければいけないのです。

 

預貯金も相続税の対象となります

財産には預貯金も含まれており、その額が大きい程相続税の対象となります。

 

相続税を申告する場合、被相続人の財産(ここでは預貯金)の残高証明などの内訳書が必要となってきます。

 

その為、相続人が決まっていない預貯金の引き出しについては禁じられています。
また、通帳凍結を恐れて被相続人の死亡直前に引落した場合も、遺産の一部とみなされ相続税の対象とされます。

 

凍結された預貯金の名義変更について

凍結された預貯金の名義変更については、相続人全員の同意が得られれば、必要書類と共に名義を変更する事が出来ます。

 

その際、名義を変更する相続人の戸籍謄本と、相続人全員分の印鑑証明を添付した遺産分割協議書を用意して下さい。
または、遺言書がある場合は、その旨が記入されている遺言書を用意して下さい。

 

これを提出する事で名義変更がなされ、口座が使用出来る様になるのです。

Sponsord Link