遺産相続 相続税

Sponsord Link


遺産相続でかかる相続税の計算方法とは

相続する金額がある一定の金額を超えると、相続税という税金が課せられます。
その金額は基礎控除と呼ばれており、計算式で算出する事が出来ます。

 

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)以下の相続になれば、相続税は非課税となり申告の必要はありません。

 

例えば、相続人3人の場合、5000万円+(1000万円×3)=8000万円までの相続であれば、非課税となるのです。

 

相続税の税率について

相続額が基礎控除を上回った場合、相続人の取り分に応じて税率とその控除額が定められています。

 

この税率は相続される額が大きくなるにつれて上がりますが、控除額も同じく大きくなってくるのが特徴です。

 

遺産が1億で相続人が2人の場合を例に上げて説明してみましょう。
この場合の控除額は7000万円です。

 

1億−基礎控除7000万円=3000万円、これを半分にすると1500万円です。
この場合の税率は、1千万円〜3千万円以下が15%、控除額が50万円とされています。

 

この金額に税率をかけると、(1500万円×15%−50万円)×2人=350万円と計算されます。
この350万円が相続税として引かれる金額になるのです。

 

相続税の基礎控除と税率が改正されます

相続税の基礎控除と税率ですが、平成27年1月1日から改正される事が決まっています。

 

改正後の基礎控除額は以前よりも低くなり、税率は以前よりも上がってしまう結果となる為、申告が必要になる相続も増える見込みにあります。

 

改正後の基礎控除額については、3000万円+(600万円×相続人の人数)となり、相続人3人であれば8000万円だったのに対し、新法案では4800万円となります。

 

引き上げられた税率は2億〜3億以下、6億を超える相続の場合に税率0.5%が引き上げられています。

 

相続額が高額になる程、以前よりも相続税が重くのしかかる結果になってしまうのです。

Sponsord Link