遺産相続 遺言書

Sponsord Link


遺産相続をする時に遺言書が見つかった場合は?

遺産を相続する時に、被相続人の作成した遺言書が見つかった場合は、その遺言書の意向に添って財産の分割が行われる仕組みになっています。

 

遺産を分割した後に見つかった遺言書に関しても、相続人全員がその分割方法に了承していようと、遺言書と違う部分の相続については、新たに審議を行わなくてはならないのです。

 

遺言書が見つかったら、家庭裁判所で検認の手続きを受ける事になります。

 

この検認とは、作成されている遺言書が民法が定める正しい書式で記入されているのか、また偽造されている物では無いかの確認をする為の手続きです。

 

その際、勝手に開封してしまう事は禁じられており、開封してしまった場合は5万円以下の罰金が課せられる仕組みとなっているのです。

 

遺言書の正しい書き方とは?

亡くなった後に遺産相続での争いを避ける為に、ぜひ遺言書の作成をお勧めします。

 

ただし、書き方によっては偽造される場合や法律上無効となってしまう為、ちょっとした注意が必要です。

 

遺言書の作成時は必ず手書きです。ワープロなど自筆でない場合は認める事が出来ません。これは偽造を防ぐ為です。

 

そして、本人以外の代筆も無効となってしまいます。
例え本人自筆による署名や実印があっても、内容が代筆で書かれていれば、無効となってしまうのです。

 

遺言書には財産の分割方法や相続人の指定・排除、遺言執行人の指定が出来ますが、相続人の生活に関する事や遺体解剖などに対する事などは無効となってしまうので、気を付けて作成する様にしましょう。

 

財産の遺留分とは何ですか?

遺言書でも効力を持つ事が出来ない、必ず相続されてしまう遺産の事を遺留分と呼んでいます。

 

遺留分を請求する権利のある親族が、期間内に請求してから効力を持つ権利です。

 

相続権利者には配偶者やその子、兄弟姉妹を除く直系親族があり、遺留分を相続する権利を持っています。

Sponsord Link