遺産相続 離婚

Sponsord Link


相続人であるはずの妻と離婚している場合の遺産相続について

亡くなった方の財産は、まず始めに配偶者である妻や夫に相続される仕組みとなっています。

 

妻や夫は、常に相続人として民法で定められていますが、これは法律で婚姻関係にあり、同一の戸籍にあると認められている場合にのみ適応されます。

 

よって、被相続人が亡くなる以前に、婚姻関係の解消、つまり離婚をしてしまうと、戸籍から抜ける事になり、全くの他人となってしまいますので、もちろん相続人としての権利は失われてしまうのです。

 

よく、何十年も連れ添ったのだから相続権があって当たり前、というお話を聞きますが、夫婦共で築いた財産は分与する事が出来ても、遺産の相続となると、離婚した瞬間に、妻や夫が持つ相続権は消滅してしまうのです。

 

両親が離婚している場合、子供や孫への相続はどうなるのか?

離婚してしまうと、夫婦で築いた財産等については分与する事が出来ますが、被相続人の財産を相続する権利は消滅してしまいます。

 

妻や夫が常に相続人として認められているのは、婚姻関係にある事が前提で認められている為です。

 

しかし、離婚した夫婦に子供やその孫が居た場合、夫の財産や妻の財産を子供が相続する事は出来るのでしょうか?

 

民法では、相続権の順位として配偶者の次にその子供が優先して遺産を相続する事が出来ると定められています。この子供には、養子や内縁の妻との子供も含まれています。

 

妻や夫は、籍を抜いてしまえば他人になってしまいますが、子供が居る場合は、その親子関係を断ち切る事は出来ないと考えられています。

 

よって、両親共に子供は第1順位の相続人に変わりは無く、離婚したからと言ってその権利に影響を受ける事はありません。

 

両親が離婚をしていても、子供やその孫が遺産を相続するという権利に変わりは無いという事なのです。

Sponsord Link