遺産相続 長男

Sponsord Link


被相続人が死亡したら、その財産は誰のもの?

財産を保有している人の事を被相続人と呼びますが、この被相続人が死亡した場合、その財産は誰が引き継ぐ事になるのでしょうか?

 

財産を引き継ぐ人の事を相続人と呼んでいますが、相続人になる為には、被相続人と、ある一定の血縁関係がある者のみと、民法では定められています。

 

まず、配偶者の嫁や夫は、婚姻関係が認められている限り、どんな状況にあっても相続人として認定されます。
これは、別居していても籍が入っていれば相続人として認められます。

 

配偶者以外では第1〜第3順位まで決められており、第1順位は養子縁組を含む実子、第2順位は親や祖父などの直系親族、第3順位が兄弟・姉妹となっています。

 

被相続人に配偶者も子供も居なければ、相続権は両親・祖父母に、配偶者が居ても子供が居ない場合は、配偶者と親や祖父母、という様に、被相続人が死亡時に置かれている状況によって、相続人も変わって来ます。

 

相続する兄弟が、長男・次男・長女の場合は?

被相続人の子供も相続人として認定されていますが、長男・次男・長女のパターンの場合、相続はどの様にして行われるのでしょうか?

 

よくあるパターンは、長男が家業を継ぎ、次男・長女ともに別世帯で暮らしている、というパターンです。

 

相続額は民法できちんと定められており、長男・次男、嫁いだ長女関係なく、この場合、相続人である子供達は財産を3分の1ずつ相続する権利を持っています。

 

ただし、長男が家業を継いでいる事から、相続の取り分を少し多くしてもらう事を考慮してもらえる材料として、主張する事も可能でしょう。

 

長女は嫁いだのだから遺産は無し、という場合もありますが、法定相続分はきちんと決められており、遺留分という、必ず相続される財産もあるのです。

 

よって、長男だから多く、次男だから少なめ、長女は嫁いだから0円、なんていう遺産分割は存在しないのです。

Sponsord Link