遺産相続 養子

Sponsord Link


遺産相続は、配偶者とその実子に優先的に相続されます

被相続人が亡くなると、保有している財産は相続人へと相続されます。
始めに遺産を優先的に相続する事が出来る親族は、配偶者とその子になります。

 

相続出来る割合としては、配偶者が財産の半分を、子はその半分を引き継ぐ事が出来、また子の人数によって遺産を平等に分けて相続します。

 

このように、配偶者や実子は優先的に財産を相続出来るのですが、養子縁組を結んでいる子の財産分与については、法律でどの様に定められているのでしょうか?

 

被相続人に、養子縁組を結んだ子が居る場合の遺産相続について

被相続人に養子縁組を結んでいる子が居る場合は、その養子にも遺産を相続する権利があります。

 

その相続人は、被相続人と血縁関係がある親族となり、順位は被相続人の子が第1順位となります。

 

養子は被相続人と血縁関係にはありませんが、縁組を結んでいる事で法的に親子として認められているので、被相続人の子として、実子と同じく遺産を相続する権利を有する事が出来るのです。
相続の割合も実子と同じく、遺産の半分を相続する事が出来ます。

 

つまり、配偶者と実子1人、養子1人に500万円の相続がある場合、配偶者に250万の相続があり、残りの250万を2人で平等に分けて相続する事が出来るのです。

 

被相続人に実子が居ない場合の相続について

被相続人に実子が居ない場合、新たに養子を迎え入れる事で遺産を養子へと相続させる事が出来ます。

 

遺産の相続は、ある一定の金額を超えるとがかかります。
相続額が大きい場合には相続税を非課税にする為、多くの相続人に遺産を相続させる必要があります。

 

その為、遺産を分割させる為に養子縁組を結んで、その養子に相続させる方も居ますが、その場合は養子縁組が出来る上限が決められています。

 

実子が居る場合は養子1人、実子が居ない場合は養子2人までと縁組を結ぶ事が出来ます。

Sponsord Link