遺産相続 相続額

Sponsord Link


遺産相続は民法で定められた順位で相続人へと相続されます

亡くなった人が保有している財産を、民法で定められている相続すべき関係の親族が引き継ぐ事を遺産相続と言います。
この故人の遺産を相続する権利がある人の事を相続人と呼びます。

 

相続人となるには優先順位があり、亡くなった方の妻や子供、その孫などが優先して遺産を相続する事が出来ます。
子供には養子も含まれています。

 

ちなみに、法律上関係の無い内縁の妻には相続の権利はありませんが、その子供は遺産を相続する権利が発生します。

 

遺言書などで第三者への相続の意思がない限り、相続は亡くなった方により近い親族へと相続される仕組みになっているのです。

 

遺産相続に必要な手続きや期限はあるのか?

遺産相続は、財産を保有している被相続人が亡くなった瞬間に、民法で決められた順番で、相続人へと自動的に引き継がれる仕組みになっています。
その為、遺産を相続するにあたり、特に必要な手続きや期限などは一切ありません。

 

また、相続人同士で遺産分割をするか、法的に相続放棄をする手続きを取らない限り、各相続人の相続権は、何年経っても消滅する事はありません。

 

相続額により、相続税の申告が必要な場合もあります

遺産相続は、ある一定の金額を超えると課税対象となります。
その為、法律で申告しなければならない額が決められています。

 

ある一定以上の額の遺産を相続した場合は、申告し納税する義務が発生してしまうのです。
しかし相続額が少ない場合には、申告の必要も無くなる為、相続税を納税する必要もありません。

Sponsord Link